AirPodsは、2016年12月に販売開始されたApple純正のBluetoothイヤホンです。最近電車の中でもよく見るようになりましたね!

発表当初、インターネット上では「耳からうどん」などと揶揄されていましたが、デザイン面はすぐに慣れました。そんなAirPodsを1年間使い倒してきた中で、感じたことをまとめます。

先に結論を述べると、「iPhoneを使っている人は絶対にAirPodsを買うべき」だと思います。具体的にその理由をみていきましょう。

スポンサーリンク

「完全なワイヤレス」の開放感が素晴らしい

AirPodsの最大の特徴は、「完全なワイヤレス」であることです。

コード付きイヤホンには当然長く垂れるコードがありますし、Bluetoothイヤホンですら左右を繋ぐケーブルがあります。

しかし、AirPodsには無駄なコードは一切ありません。左右の耳に独立したイヤホンをつけることで、音楽を聴くことができるのです。

実際にランニング中に使ったりしてみましたが、有線のイヤホンと違って耳から落ちることはありませんでした。使ってみるまでは落ちる不安があったのですが、左右分離のおかげでかかる抵抗が無いからでしょうか。

Bluetoothイヤホンのデメリットが解消されている

これまでも何度かBluetoothイヤホンを購入してきましたが、いわゆるBluetoothイヤホンには充電や電源管理、ペアリングなどの面倒臭さがつきものです。

そんなBluetooth特有の面倒臭さがAirPodsにはほとんどありません。

ペアリングがめちゃくちゃカンタン

参照元:Apple

参照元:Apple

AirPodsのペアリングは驚くほどカンタンです。

買ってきて開封したら、AirPodsのケースの蓋を開けます。

するとこんな画面になるので、「接続」をタップするだけ。

これだでけペアリングが完了します。

設定画面からBluetoothを選んで・・・というような操作は必要ありませんので、本当に誰でも接続ができますね!

あとはAirPodsを耳に入れるだけで自動的に接続されるので、音楽が聴けるし、YouTubeを視聴することもできます。

一度ペアリングしたiPhoneでは、次回からはAirPodsのケースを開けて耳に入れるだけで接続されます。

また、別のApple製品(iPad、Mac)を持っている方は、iPhoneで音楽を聴いているときに途中でiPadやMacで動画を視聴する場合も、カンタンに切り替えができるようになっています。

電源管理がラク

Bluetoothイヤホンにおいて、ペアリング以上に面倒なのが「電源管理」

今まで使っていたBluetoothイヤホンでは、音楽を聴くのをやめるときに音楽停止して、Bluetoothイヤホンの電源を切るという一手間がありました。

電源を切るのを忘れてしまうと、ペアリングし続けているので知らないうちにバッテリーが無くなっていたということもあります。

AirPodsの場合、使わないときはバッテリーケースにイヤホンを仕舞うので、自動的に電源がオフになっています。

聴くときはケースから取り出して耳につけて、聴かないときはケースに仕舞う。シンプルですね。

バッテリー持ちも十分

バッテリーに関しては、AirPodsは常にバッテリーケースを持ち歩きますので、出先で充電が切れたということは今までありませんでした。

Apple公式サイトにはAirPods単体で5時間、ケースを使用すると24時間以上持つと記載してあります。実際に使用した感覚では、通勤時に音楽を聴く程度であれば2〜3日は持つと思います。

W1チップが優秀。片耳外すと音楽が自動的に停止する

AirPodsにはW1チップが搭載されており、ユーザーが耳にイヤホンを付けているかどうかを認識しています。

音楽を聴いている最中に誰かに声をかけられた場合、片耳のAirPodsを外せば一時的に音楽が停止する機能がついているんです。もちろん耳にイヤホンを戻せば、自動的に音楽も再開します。

また、イヤホンをダブルタップすると「Siri」を呼び出せる他、設定すれば音楽の再生/停止に割り当てることもできます。

AirPodsのデメリット

一方で、AirPodsにもデメリット(不満点)が無いわけではありません。

人に勧める上でここはイマイチかなという点を紹介します。

音質は純正イヤホンとさほど変わらず、遮音性は低い

AirPodsの音質ですが、iPhoneに付属する純正イヤホンとそう変わらない印象です。

価格が高いわりには音に期待できないので、イヤホンに音質を求める人や、遮音性の高いイヤホンを使いたい人は向いていないかもしれません。

充電ケースに砂鉄(金属粉)がつく

充電ケースの蓋が磁石になっているため、知らず知らずのうちに砂鉄のような金属粉がついていることがあります。

タオルで拭くことでとれるので気になる人はこまめに手入れする必要がありそうです。

コード付きイヤホンと比べて値段が高い

なんといっても値段です。定価は16,800円(税抜)と、一般的なイヤホンと比べるとかなり高いです。

他社の完全分離型のワイヤレスイヤホンと比較するとむしろAirPodsは価格が低い部類に入るのですが、コード付きイヤホンやBluetoothイヤホンと比べると高額なのは間違いありません。

洗濯機で洗うと壊れる

最後になりますが、AirPodsは洗濯機で洗うと壊れます。

電子機器なので当たり前なんですが、やはり電子機器のため水には弱いです。

実は私も、洗濯機で壊してしまいました。新しく買うことも検討したんですが、そろそろBluetooth5.0(新しい規格)に対応した新型が出てもおかしくないし、万が一カラーバリエーションの追加があれば新色が欲しいし…と身動きが取れず。

購入を検討されている方がいたら、新型発売の可能性が高いことだけ頭に入れておいてくださいね。

結論:iPhoneユーザーにオススメのイヤホン

結論としては、iPhoneを使っている方でワイヤレスイヤホンを使ってみたいのなら、必需品ともいえるクオリティの製品です。

音質、価格面などを考慮するとなかなか手が出ないのも事実ですが、今のイヤホンに悩んでいる方はぜひ一度検討してみてくださいね。

スポンサーリンク