お小遣い稼ぎ

ふるさと納税返礼品「Amazonギフト券」に申し込んでみた

ここ最近、ふるさと納税の返礼品に「Amazonギフト券」が登録されていることが話題になりましたね。

先日話題になった自治体は静岡県にある小山町。

小山町はこれまでもサーティーワンやリンガーハットのギフト券を返礼品として公開していた自治体で、掲載されては消えてを繰り返し、Amazonギフト券もすぐに掲載中止となりました。

私も申し込んでみようかなと思っていたのですが、検討した頃には掲載が終わっていたので諦め。

そこに今週、佐賀県みやき町がAmazonギフト券を始めました。これも総務省に怒られてすぐ無くなりそうw

Amazonギフト一覧

佐賀県みやき町はAmazonギフト券

佐賀県みやき町がAmazonギフト券を返礼品に登録したのは10月26日。
どうやら総務省のお叱りの無さそうな「土日祝日」に合わせて返礼品を登録しているようです。

ちゃんとタイミング考えてるんですね〜…

今回のAmazonギフト券も週明けには掲載中止されてしまいそう。申し込むなら今のうちです。

納税額に対して40%の還元率

佐賀県みやき町のAmazonギフト券の還元率は40%。

  1. 5万円の納税:2万円分のギフト券
  2. 10万円の納税:4万円分のギフト券
  3. 20万円の納税:8万円分のギフト券
  4. 50万円の納税:20万円分のギフト券

5万円以上の寄付でギフト券がもらえます。

掲載中止する前に申し込めばちゃんともらえる

申し込んでクレジットカードを切った後に「やっぱやめた」されたら嫌だな〜と思っていたのですが、その心配は無いようです。

これまでも掲載中止されたギフト券が「送られなかった」事象はなかったみたいなので、今のうちにやってしまえと早速申し込んでみました。

【5分】ふるさと納税の申し込み手順

Amazonギフト一覧

返礼品検索結果に金額別のAmazonギフト券が確認できます。

自分はいくら寄附できるの?

「ふるさと納税できる限度額」の計算もふるなび上でシミュレーションしてくれるので、分からない方はトップページ右上メニューの「ふるさと納税を知る」から「控除上限額の目安」をチェックしてみましょう。

個別ページを開いたら「寄附を申し込む」から申し込みできます。

新規登録から始めましたが、寄附完了まで5分程度で終わりました。案外カンタンにできます。

アカウントを持っている人は「ログイン」から、持っていない人は「新規無料会員登録」から登録ができます。

必要事項を記入していきます。

内容を確認して、「送信する」をクリックで登録完了です。「元のページに戻る」で先ほどのページに戻りましょう。

納税(寄附)のための必要事項を入力・選択していきます。

「ワンストップ特例制度」は確定申告をしない人向けの制度です。確定申告に行かなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられるめちゃくちゃ便利なシステムですが、仮想通貨や副業などで確定申告が必要な方は利用できません。

寄附情報や寄附の納入方法を入力していきます。クレジットカードを持っている人はカード払いにした方がカンタンです。

寄附金の希望使い道は「未来を担う子どもの教育及び少子化対策に関する事業」にしてみました。未来に投資するのが一番有意義だと思うんですよね…

「返礼品」は必ず希望するを選択し、最後に内容を確認しましょう。

任意ですが、みやき町との関係やどこで知ったかを入力できます。

最後まで進んだら「申込確認画面」で内容を再度確認して「送信する」で完了です。

この画面になったら寄附完了です。お疲れ様でした。

ふるさと納税制度の見直しはされるはず

ふるさと納税の主旨とはかけ離れていますし、「Amazon」という外資にお金が流れているのも事実です。

おそらく今後はふるさと納税制度にテコ入れがあると思いますが、納税者側としてはお得なので利用する他ないんですよね。

とにかく掲載中止は必至なので興味のある方はお早めにどうぞ。

みやき町の返戻品「Amazonギフト券」についてでした。

ABOUT ME
アバター
カズト
初心者向け仮想通貨ブログを運営。 2017年春に仮想通貨投資に参入 。ブログの立ち上げ後、2年間勤めた会社を退職し、現在はアフィリエイターとして活動しています。