USキーボードのMacBook Proを購入しました。

Macbookの詳しいレビュー記事は別に書きますが、今回はキーボードについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

日本はJISキーボードが主流

日本ではJISキーボード(日本語キーボード)が主流になっています。

JISキーボードという名前が聞き慣れない人も多いと思いますが、JIS=ひらがなが書かれたキーボードのことです。

家電量販店に置いてあるパソコンはほとんどJISで、キーボードメーカーも商品によってはJISのみの対応です。

[chat face=”KAZUTOICONFIRST.jpeg” name=”カズト” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]私が買ったMacBookも店頭でUSキーボードを探すのは難しいです[/chat]

個人的には、もうUSキーボードに統一しても良いと思います。

この記事ではその理由を説明します。

「慣れている」を一度忘れて

私もそうでしたが、「慣れているJISキーボードで良い」と感じる方も多いと思います。

今日だけでも、一度「慣れ」をリセットしてみてください。

いざ使ってみると、世界中で通用するグローバルな設計、疲れない、打ちやすい夢のタイピングが待っているかもしれません。

❶かな入力を使わない人はUSキーが最適

JISキーボード

日本語キーボードの最大の特徴は、キーにひらがなが表示されていることですよね。

皆さんは、文字の入力に「ローマ字入力」と「かな入力」のどちらを使っていますか?

恐らく、ほとんどの人はローマ字入力だと思います。

言語によって異なりますが、フランスやドイツなどの言語はローマ字入力では対応できない発音もあるため、各国専用のキーボードが必須です。一方で、日本語は「ローマ字入力で全ての文章が打てる」言語です。

そのため、USキーボードを使っても何ら問題はなく、むしろローマ字入力を日常的に使っている人はUSキーボードが適しているのです。

[chat face=”KAZUTOICONFIRST.jpeg” name=”カズト” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]もちろん「かな入力を使う」人はJISキーボードが必須です。[/chat]

❷ホームポジション

ホームポジションという言葉をご存知でしょうか。

ホームポジションとは、キーボード入力を最も効率的に行うことができるとされる指の基本的配置のことである。キーと指の対応を常に一致させておくことで、キー操作を確実に素早く行うことができる。そのために、それぞれの指に対して望ましいとされる位置がホームポジションとして定められている。

Weblio辞書

今お使いのキーボードにも、「FとJ」にその印が刻印されているはず。そこがホームポジションです。

ホームポジションの位置

JISとUSを比較するとおわかり頂けると思いますが、USキーボードのホームポジションはちょうどキーボードの中心に置かれていることがわかります。

一方、JISキーボードは少し左にずれています。
真ん中にあるべきものが、記号キーなどを右側に設置するためにずれているんですね。

❸JISはスペースキーの幅が狭い

JISキーボードは、スペースキーの幅が狭くなっています。

英数/かなキーを設置するためなのですが、このキーを使わない人は不要ですよね。

この他にも、USキーボードは無駄なキーが少なく、重要なキーの幅が広い特徴があります。

❹エンターキーの違い

USキーボードはエンターキーの横幅が広くなっていますが、JISキーボードは縦に長くされています。

先述のホームポジションの話に戻ると、指の位置から遠くまで伸ばさなければならないJISキーボードよりも、「J」キーから見て近くにあるUSキーボードのエンターキーの方が負担なく押すことができます。

[chat face=”KAZUTOICONFIRST.jpeg” name=”カズト” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=”maru”]もともと、JISキーのエンターがこのような形になっているのは「エンターキーを押しやすくするため」だそうです。が、縦にデカくするよりもホームポジションに近づけてもらった方がよかったw[/chat]

❺多くのソフトがUS基準

今ではAdobeやMicrosoft、AppleやGoogleのソフトウェアを使っている人がほとんどだと思います。ゲームも海外製のPCゲーが主流ですよね。

それらのソフトは全て「USキーボードに合わせた作り」で最適化されています。

WindowsXPあたりの時代だとまだ日本製のソフト(一太郎スマイルなど)が使われていましたが、グローバル化した今の時代はほとんど見かけません。

英語圏、つまりUSキーボード基準で設計されている以上、USキーボードの配置の方が使いやすいのは当然です。

❻海外のパソコンもUSキーボード

海外旅行や出張に行った時、ホテルや空港に設置されているキーボードは英語圏なら当然USキーボードです。

スマホやタブレットのソフトウェアキーボードも同じ。自然と使っているあの配置も、USキーボードと同じく「ホームポジションが中央にくる」ように設計されています。

USキーボードに慣れておけば、海外でキーボードを使う機会があっても迷うことなく操作することができますよね。

❼カッコ記号・プラスマイナスが隣り合わせ

USキーボードとJISキーボードは記号の位置が変わるため、覚えなおす必要があります。ですが、USキーボードの方が合理的な設計のため、覚えてしまえば確実にこっちの方が使いやすいはず。

  1. + ー
  2. 「」 『』

↑のような対になる記号が隣り合わせに設置されています。

隣り合っていた方が見た目も綺麗ですし、使うときも便利です。

❽見た目がおしゃれ

あえて最後にしましたが、私がUSキーボードにした最大の理由です。

USキーボードはキー1つ1つのアルファベットが中心に配置されており、JISキーボードのようなごちゃごちゃ感がないことが特徴です。

MacBookやSurfaceなどおしゃれなノートブックが増えましたが、せっかくデザインをこだわり倒したデバイスを使うならば、キーボードもおしゃれで機能的なUSキーボードにしてみませんか?

USキーボードは店頭ではまだあまり置いていませんが、キーボード単体ならAmazonや楽天市場などでも買うことができます。

まずは外付けのキーボードを試してみて、USキーボードを触ってみてほしいです。

以上が、私がJISキーボードからUSキーボードに乗り換えた理由です。

スポンサーリンク